高性能な住宅をお手頃価格で

メニュー
注文住宅ならヤマト住建(TOP) > 住宅に関するお役⽴ち情報 > 新着一覧 > 高断熱・高気密住宅 > 高気密高断熱住宅のメリットについてご紹介
2020.8.28 高断熱・高気密住宅

高気密高断熱住宅のメリットについてご紹介

高気密高断熱住宅

高気密・高断熱住宅。
近年、この住宅が多くなっています。
その理由は、多くのメリットがあるからです。
いったいどのようなメリットがあるのか、こちらの記事でご紹介します。

高気密・高断熱の家

高気密の家・高断熱の家とは、どんな家のことをいうのでしょうか?

高気密の家

高気密の家とは、気密性の高い家です。
気密性の低い家では、室外からの空気が入り込んでしまうため、夏には冷房が冬には暖房が効きにくい家となってしまいます。
そのため、暖房・冷房をより効率的に動かすために、高気密の家を作ります。
高気密の家では、たとえば気密テープや防湿シートなどを使い床や壁・天井・窓などの隙間をふさいでいます。

高断熱の家

高断熱の家とは、断熱性の高い家です。
断熱性の低い家では、夏は暑く冬に寒くなってしまいます。
これを防ぐために、壁の間に断熱材を入れ断熱性能を上げます。

高気密・高断熱は上記の通り、どちらも家の中の温度を適正に保つためのものなので、どちらかだけできていればいいというわけではありません。
高気密であり高断熱でもあることで、その効果を十分に発揮することができるのです。

外断熱と内断熱?

外断熱?内断熱?

断熱をする方法には2種類あります。
それが、外断熱と内断熱です。

外断熱

壁と柱の間に断熱材を置くのが、外断熱です。
家全体を覆うように一続きの断熱材を使います。
外断熱には、「気密性が高くなる。」「断熱性が高い。」というメリットがあります。
逆に、デメリットとしては、「コストが高い。」「喚起をこまめにする必要がある。」「外壁が厚くなる。」などがあげられます。

内断熱

内断熱は、外断熱と違い、部屋の壁と外壁の間や床下・天井などに断熱材を入れます。
そのメリットは、「コストが安い。」「外壁が厚くならない」ことです。
デメリットは、「気密性が低い」ことです。

外断熱と内断熱にそれぞれメリット・デメリットがあるので、どちらを選ぶかはケースによります。
自分たちの家の断熱にはどちらが適しているのかは、メーカーの方に問い合わせてみると良いでしょう。

高気密・高断熱住宅のメリット

高気密高断熱住宅のメリット

高気密・高断熱住宅にすることのメリットは多そうです。
具体的にはどのようなメリットがあるのか、見ていきましょう。

省エネ

高気密・高断熱であることで、冷暖房費を抑えることができるのです。
気密性が低い住宅や断熱性が低い住宅であれば、せっかく温めたり冷やしたりしても、その温度を維持することができません。
結果、より多くの冷暖房費が必要になるのです。
高気密・高断熱住宅では、そういった余計な冷暖房費を抑えることができます。

部屋ごとの温度差を抑えることができる

高気密・高断熱住宅では、家全体が高気密・高断熱となっているので、この部屋は暖かいけどあの部屋は寒いといった極端な温度差を抑えることができます。
家の中全体の温度が一定に保たれていることで、快適な生活を送ることができるでしょう。
高齢の方であれば、浴室とその外の温度差でヒートショックを起こしてしまうこともあります。
高気密・高断熱住宅では、そういった事故も起こりにくくなります。

遮音性

高気密・高断熱住宅の遮音性は、そうでない住宅と比べ高いです。
空気の侵入・流出がしにくくなっているということは、その分、音も外に入りにくく出ていきにくいということだからです。

他にも様々なメリットがあります。
高気密・高断熱住宅には非常に多くのメリットがあるのです。

おわりに

高気密・高断熱住宅のメリットについてご紹介しました。
高気密・高断熱住宅にすることで、生活を快適にし、生活費を抑えることができます。
そのため、多くの住宅で、高気密・高断熱が取り入れられているのです。

タグ:

  • カテゴリーなし