メニュー
TOP > ヤマト住建の家づくり > 家づくりのポリシー > ヤマト住建の家づくり > 耐震性能

耐震性能

確かな耐震性能を実現

いざという時に大切な家族を守り、安心して暮らすには
「住宅の地震対策を強化」することが最も重要です。
ヤマト住建では、木造軸組+金物工法+パネル工法で
耐震性を高めるとともに、
地震の揺れを抑える制振ダンパーを採用することで
地震対策を強化しています。

金物工法+パネル工法による耐震等級3相当(最高等級)の耐震性能と地震の揺れを抑える「制震ダンパー」で

耐震+制震の地震に強い家を実現。

地震・災害から家族を守る、
建物の基本性能

金物工法

木造軸組の接合部がプレカットと従来の金物補強だけでは、地震などで強い縦揺れの外圧力がかかると、断面破損や接合部の抜けを起こしやすいのが木造住宅の弱点とされてきました。仕口と金物を一体として接合することで従来の金物補強よりも格段に高い接合強度を実現しました。

パネル工法

木造軸組工法に耐力壁としてのパネルを組み合わせ、柱と柱の間に取り付けるため、強度は一段と増し、地震や台風などによる外圧から建物をしっかり守ります。 通常の木造軸組工法から更に進化した強度を誇ります。

頑丈な基礎

一般的な布基礎の欠点を解決し、強度を更に増した「鉄筋コンクリートベタ基礎」を採用しています。 基礎ベース全体に鉄筋を一定間隔で縦横に配筋し、地面全体に強靭な壁を構築。地震などの外力を地面に分散させます。

制振工法

住宅用に開発された油圧制御方式の「制振ダンパー evoltz(エヴォルツ)」が、揺れのエネルギーを地震が起きた瞬間から制御し、建物の破損を大幅に軽減します

詳しくはこちら

地盤保証

ヤマト住建では、お客様の大切な住まいを不同沈下から守るため、第三者機関と提携し、
お引渡し日から20 年間品質保証が受けられるシステムを導入しています。

詳しくはこちら