メニュー
注文住宅ならヤマト住建(TOP) > ヤマト住建の家づくり > 家づくりのポリシー > ヤマト住建の家づくり > 制振装置evoltz(エヴォルツ)

制振装置 evoltz(エヴォルツ)

家族の大切な生命と資産を守る「耐震+制振」

揺れに耐える耐震 耐震等級3相当 制振 制振ダンパーevoltzを採用

地震対策では、建物の強度を高めて耐震性を上げることはもちろん、地震の揺れを制御し逃がす、制振や免震もとても重要です。
「耐震」は建物の剛性を高めるもので最も一般的です。
地震の揺れを吸収するのが「制振」で、地震の揺れを伝えないのが「免震」です。
しかし、「免震」はコストが非常に高く、一般住宅で採用するにはお客様の負担が大きすぎます。
そこで、ヤマト住建では制振装置に特化した商品の開発を行ってきました。

従来の木造軸組工法に「金物工法」+「パネル工法」を組み合わせて耐震性能を高めるとともに、
木造住宅に最も適した特性が得られる、油圧制御方式の「制振装置 evoltz(エヴォルツ)」を採用することで
地震力を分散し吸収する『地震に強い』家づくりを実現しています。

そして2017年9月、evoltz(エヴォルツ)が更なる進化を遂げて
「evoltz L220」として新登場!!

ヤマト住建では2017年5月より先行販売いたします。

地震対策工法の違い

3つの地震対策工法
  • 耐震

    建物の剛性を高め構造体そのものの強度で地震の揺れに耐える工法。 繰り返しの揺れで強度が減る恐れあり。

  • 制振

    建物の骨組みに組み込まれた制振装置が地震の揺れを吸収軽減する工法。価格が安く効果を発揮。あらゆる木造工法に対応できる。

  • 免震

    建物と基礎の間に免震装置を入れて建物に揺れを伝えない工法。敷地や建物に設置条件があり多額の費用がかかるのが難点。

東日本大震災時、共震により激しく振られたことにより東京タワーが変形するという被害がニュース等でも報じられました。
この被害で、展望台に居合わせた観客は階段で下りて避難、けが人は出なかったものの同タワーの営業は中止になりました。
一方、油圧式ダンパーを採用している東京スカイツリーは、建設中であったにもかかわらず、地震の影響は受けなかったのです。

evoltz(エヴォルツ)L220の特徴

微小変形領域でのエネルギー吸収量をさらに増強し、自信の衝撃による建物の構造部材の損傷が始まるまえに防ぎます。

住宅にとって15mmの傾きが生命線

evoltz L220は木造住宅用制振装置として驚異的なダイナミズムと俊敏性を発揮し、地震の揺れを感じるまえに、揺れを吸収することを可能にしました。

オンリーワンの技術で特許取得「超バイリニア特性」

わずか1mmの揺れから確実に働く 制振をより高性能にしたバイリニア特性を、わずか1mmの揺れから減退させる「超バイリニア特性」へと進化させました。

比べて下さい。どちらも「制振技術」です。揺れが大きくなった時に効き始める。揺れはじめの瞬間に性能を発揮する。

「耐震」をより長持ちさせる技術。揺れが大きくなった...、それは建物の損傷が始まるとき。evoltz L220は建物の構造部材が損傷するまえに衝撃を和らげることになり、応力(局所)集中を軽減、末永く安定した暮らしを提供します。

“耐久性”を裏付ける各種性能試験

  • 100万回の耐久試験

    何度もくる余震、繰り返しの作動でも性能低下がなく、振動エネルギーを何度でも吸収します。

  • 様々な環境を想定した温度試験

    四季のある日本でも、真夏や氷点下の壁の中は過酷な状況。使用環境温度領域(-20〜80℃)

「最適配置」、「最大効果」。現状を正確に把握するため様々な数値を計測し、結果を考察。そこからまた新たな課題を見出していく。それを気の遠くなるほど繰り返すのが製品開発の仕事です。制振装置の性能のみを高めても、自信から家族や建物を守ることはできません。これまでに得た膨大な実験データから建物の構造全体との関係性を検証し、「最適配置」と「最大効果」を発揮する製品を開発することが、エヴォルツラボラトリーの仕事です。

緻密な解析と構造計算に基づいた、根拠ある配置検討を1棟毎に実施。

evoltz L220は全棟実施する構造計算をもとに、必要本数、最適な配置箇所を算出しています。
新築は勿論のこと、リフォーム案件にも対応が可能です。更なる精度アップを目指した、時刻歴応答解析による検証もまもなく導入予定です。
たとえ1棟、1本たりとも妥協しないその取り組みにより、皆様に安心・安全をお届けしています。現場からの施工に関する問合せに関しても、迅速な対応により、施工面でも高いご好評をいただいております。

世界的なパーツメーカーとのコラボレーション
L220 CHIHIRO BILSTEIN

世界有数の自動車メーカーがトップモデルとして選択するBILSTEIN社に製造を委託。
世界レベルの高性能、高品質を実現しました。

BILSTEIN社との画期的なコラボレーションにより、制振性能を飛躍的に向上。
日本も木造住宅に、世界品質の安心を実現します。

  • CHIHIRO BILSTEIN

    自動車ショックアブソーバーの技術をベースに、木造住宅用制振装置を開発。制振装置evoltz(エヴォルツ)は世界有数の自動車メーカーがトップモデルとして選択するBILSTEIN(ビルシュタイン)社が製造し、世界レベルの高性能、高品質を実現しました。

  • BILSTEIN

    シリアルNo. 全ての製品にシリアルナンバーを付与し、どの製品が、いつ、どこに出荷されたかを確実に追跡できる体制を構築しています。

商品ラインアップ