メニュー
TOP > 商品ラインアップ > ゼロエネルギー住宅 (ZEH)

ゼロエネルギー住宅 (ZEH)

国が定める2030年のスタンダードな住まい

国が定める
2030年のスタンダードな住まい

いま政府が進めているのは「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」の普及です。
これから2030年にかけて、政府によるエネルギー政策が段階的に実施されます。
住宅のゼロエネルギー化はもう他人事ではありません。
『自宅でエネルギーを創って、使う』時代がやってきたのです。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

ZEH[ゼッチ](ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

『ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)』とは、「省エネ」と「創エネ」の効果を組み合わせて「住まいの年間一次エネルギー消費量」を正味(ネット)でゼロ以下にする住宅の ことです。

ZEH builder ZEH28B-00245-CT ゼロエネルギーで、暮らそう。
つまり、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは…
  1. 住宅性能や高効率設備機器により住まいの省エネ性を高めて 『使うエネルギーを減らし』
  2. 使うエネルギーを太陽光発電などで 『自家発電』 し、
  3. 家庭で必要なエネルギーを 『自給自足』 できる住まいのことです。

住宅を購入するなら『ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)』が当たりまえという時代がすぐそこまで来ているのです。
ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2014大賞受賞のエネージュは、『ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)』の基準はもちろん、さらに快適な断熱性・省エネ性を実現できる高性能住宅です。わたしたちと一緒に未来の暮らしを考えてみませんか。

【政府の方針】
政府は「エネルギー基本計画(2014年4月閣議決定)」において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指す」とする政策目標を掲げています。
また、経済産業省資源エネルギー庁は2015年4月に「ZEHロードマップ検討委員会」を設立し、12月にはZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の普及に向けたロードマップを取りまとめ、公表しています。
ロードマップによると、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業などの補助事業を2016年度までは実施していく方針を固めており、2017年度以降は延長したとしても限定的で、補助事業を実施するのは遅くとも2018年度末までとしています。
(※参考資料:経済産業省「ZEH普及に向けて〜これからの施策展開〜(PDF)」)
ゼッチ

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは…

ZEHゼッチ(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは…

一次エネルギー消費とは

発電のために必要な、石油や石炭、天然ガスなどの化学燃料や水力、太陽熱など、自然界に存在しているままのエネルギー源のことです。一次エネルギーを加工してつくられる電気やガスなどは二次エネルギーと言われます。つまり、家庭で消費するエアコンや給湯、証明などの二次エネルギー消費量を減らすことで、そのエネルギーを作る一次エネルギーを減らす事に繋がります。

ゼッチ

一般的な住宅とZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の消費エネルギー比較

一般的な住宅とZEHゼッチ(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の消費エネルギー比較

ゼッチ

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)のイメージ図

ZEHゼッチ(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)のイメージ図

ヤマト住建のゼロエネルギー住宅のメリット

すぐそこに見えている未来、2030年のスタンダードな住宅はエネルギーを自給自足する『ゼロエネルギー住宅』です。
『ゼロエネルギー住宅』にはさまざまなメリットがあります。

メリット1 家計に優しい

ZEHのメリット1
家計に優しい

家庭の消費エネルギー収支がゼロ!だから、家庭の光熱費ももちろんゼロ!高気密・高断熱住宅のエネージュなら、さらに+αの収入が期待できます。

メリット2 健康改善効果

ZEHのメリット2
健康改善効果

高断熱住宅に住まうことで、ぜんそくや手足の冷え、アトピー性皮膚炎などの健康改善に繋がるということがわかっています。

メリット3 環境に優しい

ZEHのメリット3
環境に優しい

住まいの消費エネルギーを削減し、太陽光発電などの 自然エネルギーを利用することでCo2の削減や、温暖化 防止、環境破壊などの地球環境に貢献します。


メリット4 将来の資産価値

ZEHのメリット4
将来の資産価値

10年後20年後の将来に必要な住まいの条件を満たした住宅です。国は 現在、築後20年でほぼ無価値になる戸建て住宅の査定方法の改定を 進めており、買い替え・売却時に築年数ではなく、「質の高さ」が取引価格 に反映されるよう評価の仕組みを見直す意向です。

メリット5 補助金を利用できる

ZEHのメリット5
補助金を利用できる

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業の補助金制度を利用できます。

ヤマト住建はZEHビルダー登録会社です。
メリット6 防災・減災性能

ZEHのメリット6
防災・減災性能

万一の災害や停電時も安心。さらに蓄電池の設置により、夜間なども比較的長時間、電気の使用が可能になります
※消費電力合計265Wの場合、約15時間使用可能(当社指定機器の場合)



メリット1 家計に優しい

ZEHのメリット1
家計に優しい

家庭の消費エネルギー収支がゼロ!だから、家庭の光熱費ももちろんゼロ!高気密・高断熱住宅のエネージュなら、さらに+αの収入が期待できます。

メリット2 健康改善効果

ZEHのメリット2
健康改善効果

高断熱住宅に住まうことで、ぜんそくや手足の冷え、アトピー性皮膚炎などの健康改善に繋がるということがわかっています。

メリット3 環境に優しい

ZEHのメリット3
環境に優しい

住まいの消費エネルギーを削減し、太陽光発電などの 自然エネルギーを利用することでCo2の削減や、温暖化 防止、環境破壊などの地球環境に貢献します。

メリット4 将来の資産価値

ZEHのメリット4
将来の資産価値

10年後20年後の将来に必要な住まいの条件を満たした住宅です。国は 現在、築後20年でほぼ無価値になる戸建て住宅の査定方法の改定を 進めており、買い替え・売却時に築年数ではなく、「質の高さ」が取引価格 に反映されるよう評価の仕組みを見直す意向です。

メリット5 補助金を利用できる

ZEHのメリット5
補助金を利用できる

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業の補助金制度を利用できます。
ヤマト住建はZEHビルダー登録会社です。

メリット6 防災・減災性能

ZEHのメリット6
防災・減災性能

万一の災害や停電時も安心。さらに蓄電池の設置により、夜間なども比較的長時間、電気の使用が可能になります
※消費電力合計265Wの場合、約15時間使用可能(当社指定機器の場合)

※政府は2016年度までは補助事業を実施していく方針を掲げていますが、ロードマップでは「補助事業を実施するのは遅くとも2018年(平成30)度末まで」と言及しており、 2017年度以降は「(補助事業を)延長したとしても限定的」としています。

お客様の建築事例と光熱費収支のご紹介

エネージュで建築されたお施主様の実際の電力料金収支をご紹介します。
エネージュは、高気密・高断熱で健康快適にご家族が暮らしていただける住まいです。 ムリな節電や過度な節約をしなくても、快適に過ごしていただくだけで光熱費ゼロ円が実現します。

神戸市北区 M 様
1年間の買電と売電気の収支(エネージュSEの場合)
1年間の買電と売電気の収支(エネージュSEの場合)

太陽光発電4.1kW搭載で自家発電し、発電した電力をまずは自家消費しています。 あまった電力を電気会社に売ることで、1年間の光熱費収支が27,672円もプラスに!

1年間の光熱費収支は27,672円となり、光熱費ゼロ円を達成!
1年間の光熱費収支は27,672円となり、光熱費ゼロ円を達成!

※買取金額は自家消費後の余剰電力を売った金額です。

※買取金額は自家消費後の余剰電力を売った金額です。

「冬はあたたかく、夏は涼しい」快適な暮らしとともに、
省エネ・エコな暮らしを実現しています。各地のモデルハウスでは宿泊体験も可能です。
ぜひご検討ください。
「冬はあたたかく、夏は涼しい」快適な暮らしとともに、 省エネ・エコな暮らしを実現しています。各地のモデルハウスでは宿泊体験も可能です。
ぜひご検討ください。
実例・お客様の声集