メニュー
TOP > 商品ラインアップ > 二世帯住宅

二世帯住宅

安らぎも絆も大切にしながら、お互いの生活を楽しむ暮らし。
二世帯住宅なら叶えられます。

安らぎも絆も大切にしながら、
お互いの生活を楽しむ暮らし。
二世帯住宅なら叶えられます。

ひとつの住まいを家族みんなで分かち合う。何かあったときに助け合える。子育て環境の向上。
生活費の節約。家族のつながりが求められているいま、二世帯で暮らすことが注目されています。

子世帯のメリット

「共働きを続けたいし、家事や子育てに協力してもらえると助かる。」「家族のお誕生日やお祝い事、イベントなどみんなで一緒に食事をしたい。」
親の暮らしを近くで見守りたいし、なにより子どもへの教育にも良い。」など、様々なメリットが期待できます。          

子育て 二世帯住宅での子育ては子どもにとってよいことがたくさん!
親 一緒だとやっぱり安心
仕事 仕事も家事も二世帯住宅なら心配なし!
お金 光熱費や相続税などの支出を減らし、経済的なゆとりが生まれます

親世帯のメリット

孫 親世代のちょっとした援助が子世帯にとっては大きな助けになります
老後 一緒に暮らすと子世帯も自然に協力しやすい
孫 親世代のちょっとした援助が子世帯にとっては大きな助けになります
老後 一緒に暮らすと子世帯も自然に協力しやすい
生活 みんなで一緒に暮らすと毎日の生活に張り合いが生まれます
お金 子世帯と協力して経済的な暮らしへ

今は賃貸で家賃収入、ゆくゆくは二世帯という使い方も◎

今は賃貸で家賃収入、
ゆくゆくは二世帯という使い方も◎

完全分離型なら
完全分離型なら

玄関・ホールなど各住戸のパブリックスペースを隣接させ、そこに内部ドアを設けることで、屋外に出ることなくお互いに行き来できる「建物内移動」が可能となります。さらに、一方の住戸を賃貸にし、将来は二世帯住宅にするという変化にも対応しやすい 2戸一棟の構成です。          

完全分離型なら

「賃貸併用住宅」の最大の魅力は、なんといっても家賃収入。住宅ローンの返済は大きな負担になりますが、建物の一部に賃貸スペースを設けた「賃貸併用住宅」なら、 経済的入居者からの家賃収入を住宅ローンの返済にあてることもできます。         

税制優遇のメリットも!

二世帯住宅であっても、完全分離型であれば、二つに分けて登記する「区分登記」が適用できます。完全分離型とはいっても条件は、玄関を2つ設け、親世帯と子世帯とを内部で行き来できない構造にすること。区分登記ができれば2戸の家とみなされ、登録免許税、不動産所得税、固定資産税の3つの税金面でも軽減措置といったメリットも受けられます。       

参考プラン

平面分離型
1階面積 / 81.98 ㎡ (24.79 坪 ) 親世帯76.18 ㎡ (23.04 坪)
2階面積 / 82.81 ㎡ (25.05 坪 ) 子世帯96.05 ㎡ (29.05 坪)
延床面積 / 172.24 ㎡ (52.10 坪 ) 共用部 0.00 ㎡ (0.00 坪 )
平面分離型
1階面積 / 81.98 ㎡ (24.79 坪 ) 親世帯76.18 ㎡ (23.04 坪)
2階面積 / 82.81 ㎡ (25.05 坪 ) 子世帯96.05 ㎡ (29.05 坪)
延床面積 / 172.24 ㎡ (52.10 坪 ) 共用部 0.00 ㎡ (0.00 坪 )
間取り図
間取り図
間取り図
01:たっぷり収納
01:たっぷり収納

食品庫にはまとめ買いしたストック品、玄関収納にはベビーカーやアウトドア用品など。散らかりがちな場所に大容量の嬉しい収納スペースを配置しました。      

02:フリースペース

パソコンスペースや読書等、家族みんなで共有できるスペースです。     

平面分離型や上下階分離型、玄関のみ共有型など、親エリアと子エリアの配置方法によって様々な間取りのタイプがあります
上下階分離型 玄関共用型
LDK共用型 完全同居型
生活スタイルは家族それぞれ。ご家族にピッタリの間取りを提案いたします。

二世帯住宅も安心価格で。
ニ世帯住宅のパッケージプランもございます。

二世帯住宅応援コミコミパック
実例・お客様の声集