メニュー
注文住宅ならヤマト住建(TOP) > 商品ラインアップ > 戸建賃貸経営

戸建賃貸経営

ニーズに対して供給量が少ない戸建賃貸市場は、
今後期待のできる新しいマーケットです。

ニーズに対して供給量が少ない
戸建賃貸市場は、
今後期待のできる新しいマーケットです。

戸建賃貸は、高収入・低コストなので、高い利回りを実現可能です。
土地保有税、相続税、所得税など、大幅な節税効果が期待できます。

戸建賃貸の需要

アパート、マンションには、生活騒音・採光・通風などの不満がつきものです。70%以上の人が「一戸建住宅に住みたい」と希望するのに対し、
新築戸建供給数は、わずか2.2%(平成25 年国土交通省調べ)。
現在の賃貸市場は圧倒的に“戸建賃貸” が不足しているといえます。

アパート、マンションには、生活騒音・採光・通風などの不満がつきものです。70%以上の人が「一戸建住宅に住みたい」と希望するのに対し、
新築戸建供給数は、わずか2.2%(平成25 年国土交通省調べ)。
現在の賃貸市場は圧倒的に“戸建賃貸” が不足しているといえます。

ニーズが多いのに供給量が少ないので、借り主が見つかりやすい!
ニーズが多いのに供給量が少ないので、
借り主が見つかりやすい!

供給過多となり、空室率が問題となってきたアパート・マンション市場と比較すると、入居者ニーズが高いにもかかわらず、供給量が極めて少ない戸建賃貸市場は、今後期待のできる新しいマーケットです。

初期投資が小さく、早期回収が可能

建築費を抑えることが可能

アパート・マンションに比べ、建設費用が少なく工事期間が短縮される戸建賃貸。
敷地20 坪からでも建設できる戸建賃貸は、アパート・マンションの建設にかかる費用の1/10 程度で済みます。

新たな資金調達を抑え、
資金組み替えの範囲内で投資可能! リスクを低減!
新たな資金調達を抑え、資金組み替えの
範囲内で投資可能! リスクを低減!

また、所有している土地の一部を売却し、その資金を使って残りの土地に戸建賃貸を建設することも可能。新たな資金調達を抑え、リスクを低減することができます。
不安定な時代だからこそ、背負うリスクは最小限に抑えることが重要です。



安定した高利回り


需要に対し、供給が不足しているため、新築の同じクラスのアパート・マンションと比較して、2・3割高い家賃でも借り手がつく戸建賃貸。また、平均入居期間はアパート・マンションより長いといわれています。高い収益を得続けられる可能性があるため、高い投資効果を実現できます。


[例 : 神戸市]
家賃収入15万円/月×2棟=30万円×12ヶ月=年間360万円の収益 表面利回り年利 20.5% 回収期間 4.9年
家賃収入12万円/月×2棟=24万円×12ヶ月=年間288万円の収益 表面利回り年利 16.4% 回収期間 6.1年


[例 : 神戸市]
家賃収入15万円/月×2棟=30万円×12ヶ月=年間360万円の収益
表面利回り年利 20.5% 回収期間 4.9年

家賃収入12万円/月×2棟=24万円×12ヶ月=年間288万円の収益
表面利回り年利 16.4% 回収期間 6.1年

[例 : 神奈川県]
家賃収入20万円/月×2棟=40万円×12ヶ月=年間480万円の収益 表面利回り年利 27.3% 回収期間 3.7年
家賃収入16万円/月×2棟=32万円×12ヶ月=年間384万円の収益 表面利回り年利 21.8% 回収期間 4.6年

[例 : 神奈川県]
家賃収入20万円/月×2棟=40万円×12ヶ月=年間480万円の収益
表面利回り年利 27.3% 回収期間 3.7年

家賃収入16万円/月×2棟=32万円×12ヶ月=年間384万円の収益
表面利回り年利 21.8% 回収期間 4.6年

狭小地・変形地でも建設可能

戸建賃貸なら、アパート・マンションが建設できない台形、L字型などの土地でも建設可能。大きさや形状に左右されない土地活用ができます。

将来を見据えた、安定・継続的な土地活用が可能

10年、20年後の将来を考えたリスクヘッジが可能!

設備の老朽化、ニーズに合わない形態など、年月の経過による問題は不動産にはつきものです。
しかし、戸建賃貸なら、投資額を早期回収可能なうえ、解体費用が安価なため、時流に合わせたさまざまな選択ができます。

節税・相続対策にも効果的

所有の土地に戸建賃貸を建設することで、更地よりも評価額が低くなります。
また、戸建賃貸は土地・建物ごとに分割可能なため、相続処理を円滑に行うことができます。

1.節税対策について

所有の土地に戸建賃貸を建設することで、貸家建付地や住宅用地、小規模住宅用地としての評価を受けることが可能です。更地よりも評価が低くなるため、固定資産税は6分の1、都市計画税は3分の1まで軽減されます。



2.相続税対策について

貸付建物の評価額と借入額(現金)との相続税の課税評価差を利用することで、財産全体の評価が下がるため、相続税の節税が可能になります。また、収益は納税資源とすることもできます。



3.相続紛争を防止

アパート・マンションでは、分割対応ができない、いざという時の買い手探しに苦労するなどのデメリットがあります。しかし、戸建賃貸は土地・建物ごとの分割が可能です。そのため、相続処理を円滑に行い、紛争を防止することができます。また、一部を切り離して売却することもできます。



実例・お客様の声集