高性能な住宅をお手頃価格で

メニュー
注文住宅ならヤマト住建(TOP) > 住宅に関するお役⽴ち情報 > 新着一覧 > 高断熱・高気密住宅 > 高気密高断熱住宅のエアコン事情ポイントを押さえよう
2020.6.29 高断熱・高気密住宅

高気密高断熱住宅のエアコン事情ポイントを押さえよう

高気密高断熱住宅

高気密高断熱住宅は、どんなエアコンを使ったとしても、一般的な住宅に比べて冬は暖かく、夏は涼しく過ごすことが可能になるのです。
またせっかく高気密高断熱住宅で暮らすなら、高気密高断熱の特徴をよく理解し、それに合わせてエアコンの設置や使用法にも拘ることでより一層快適で経済的な暮らしが期待できます。

高気密高断熱住宅の断熱性能

高気密高断熱住宅というのは、その名の通り気密性が高くそれにより断熱性能も高い住宅のことを言います。
高気密高断熱住宅の断熱性能は、エアコンなどの暖房器具で温めた室内の熱を蓄積する性能が高いということを意味します。
換言すれば、熱が逃げにくく、また外から入りにくいということです。
そのため断熱性能が高いほど、エアコンをそれほど強くしなくても冬は暖かく、夏は涼しくなります。
また、熱が一番逃げていくのはどこかというと、窓ガラスです。
窓のガラスを通して熱交換が行われてしまいますので、高断熱の家は二重窓にしたり、専用の窓ガラスを使用したりすることで、大幅に断熱性能をアップさせています。
その上で高気密性によって、空気を逃がしたり侵入させたりさせないことで、部屋の温度を快適に保つことができます。

高気密高断熱住宅の気密性能

機密性能

高気密高断熱住宅は気密性能が高いので、隙間風が入りこむということがありません。
それにより、室内の温度を一定に保つことができます。
今どきの住宅で隙間風が入り込む家などあるのだろうかと思うかもしれませんが、一般的な住宅では、換気口から入ってくる空気量よりも、隙間から入ってくる空気量のほうが多いのです。
隙間風が家の中に入ってくれば、室内の温度が外気温の影響を受けてしまいます。
特に冬の寒い空気が入ってくれば、エアコンなどの暖房器具でせっかく暖めた空気が冷えてしまうことになり、それによって結果的に暖房費が上がってしまうことになってしまうわけです。
高気密高断熱住宅は気密性能が高いことによって、暖房費を抑えることができるという大きなメリットをもっています。

エアコン1台では難しい理由

高気密高断熱住宅であれば、エアコンは一台で十分ではないだろうかと考えるかもしれません。
確かに、ある一定の条件を満たせば一台のエアコンでも可能です。
その条件とは、まず高気密高断熱住宅の部屋が壁やドアなどで仕切られておらず、部屋の空気がどの部屋にもつながっていることです。
また、暖房器具であれば1階に設置する必要があり、また冷房用なら家の中の一番高いところに設置する必要があります。
これは暖かい空気は上に、冷たい空気は下に降りて来るからです。
エアコンの場合は暖房・冷房2つの役割があるため、1台よりも2台必要になるでしょう。
2つ目に家中に空気を送る設備がある事です。
空気が流れるようにしないと、部屋の数が多くなるとすべての部屋を一定の温度に保つのが難しくなります。

エアコンの使用ポイント

エアコンのポイント

高気密高断熱住宅の場合、エアコンは常につけっぱなしが良いのでしょうか。
答えはイエスで、高気密高断熱住宅であれば、エアコンは連続運転した方がお得になるのです。
特に夏場はその効果がより一層多く出ます。
この理由は、暖まった空気を冷やすためには、より多くの電気を消費することになるためです。
クルマにたとえるならスタート時にガソリンを多く消費し、高速道路など一定のスピードで走るほうがガソリンを消費しないのと同じです。
高気密高断熱住宅といえども、エアコンをストップしていれば部屋の中は外気温の影響を大きく受けてしまいます。
そのためにエアコンはつけっぱなしのほうが良いわけです。
もちろん、仕事で家にほとんどいないということであれば、その都度エアコンをつけたほうが良いでしょう。

おわりに

高気密高断熱住宅は、一般の住宅に比べて気密性と断熱性が高いために、部屋の空気の温度を一定に保つ性能に優れています。
エアコンの消費電力を抑えることができて、少ない電力量で冬は暖かくまた夏は涼しく過ごすことができます。
部屋がつながっていれば、一台のエアコンで部屋中の温度を管理することができるほどです。
また高気密高断熱住宅のエアコンは、常につけっぱなしにしているほうが電気代をお得にできるケースが多いです。

タグ:

  • カテゴリーなし