メニュー
注文住宅ならヤマト住建(TOP) > 商品ラインアップ > ゼロエネルギー住宅 (ZEH) の事業計画

ゼロエネルギー住宅 (ZEH) の事業計画

ヤマト住建は2016年4月4日よりZEHビルダーとして登録し、以下の通りZEH事業計画策定しております。(2018年4月更新)

ZEH受託率70%達成!
ZEHビルダー5つ星★★★★★評価をいただきました!

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)普及目標と実績

ZEH普及目標

当社ではZEHの普及に向け、下記の通り2020年度までのZEH普及目標値を設定いたしましたので公表いたします。

平成28年度
(2016年度)
平成29年度
(2017年度)
平成30年度
(2018年度)
平成31年度
(2019年度)
平成32年度
(2020年度)
ZEH受託率 40% 50% 60% 70% 80%

※弊社が受注する住宅のうちZEHが占める割合を示したものです。

ZEH実績

当社でのZEH普及の実績です。年度ごとに更新いたします。

平成28年度
(2016年度)
平成29年度
(2017年度)
平成30年度
(2018年度)
平成31年度
(2019年度)
平成32年度
(2020年度)
ZEH受託率実績 49% 70%

※弊社が受注する住宅のうちZEHが占める割合を示したものです。

平成29年度のZEH普及活動の総括

平成29年度はZEH仕様の住宅受注率を50%と目標を掲げておりましたが、実績は目標を上回る70%の受注率となりました。目標達成に向けては、お客様のさまざまなご要望やご予算に合わせて、ZEH仕様を供給できるよう、新商品を開発いたしました。その際、適正価格で供給できるように建材メーカーとの協力体制を整え、コストダウンにも注力いたしました。

ZEHを分かり易く、また興味をお持ちいただけるような販促資料の作成、ZEH仕様の住宅での宿泊体験を行うことで身をもってZEHの快適さを体感していただき、お客様へのZEHの周知、共感、普及を行いました。お客様にZEHの良さを共感していただくということが、ZEHを普及する上で重要だと実感しております。BELS取得にむけても積極的に申請活動を行っており、2018年4月20日現在で214件の評価書を取得いたしました。

平成29年度に引き続き、今後ともZEHの普及活動と共に、BELS評価証の取得にも努めてまいります。

ZEHについて

ZEHの実現・普及について

ZEHの実現・普及は、我が国のエネルギー需給の抜本的改善の切り札となる等、きわめて社会的便益が高いものであり、エネルギー基本計画(2014年4月閣議決定)において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」とする政策目標が設定されています。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の定義

外皮の高断熱化及び高効率な省エネルギー設備を備え、再生可能エネルギーにより年間の一次エネルギー消費量が正味ゼロまたはマイナスの住宅

ZEHの判断基準(定量的な定義)

以下の①~④のすべてに適合した住宅

  1. 強化外皮基準(1~8地域の平成25年省エネルギー基準(ηA値、気密・防露性能の確保等の留意事項)を満たしたうえで、UA値1、2地域:0.4[W/㎡K]相当以下、3地域:0.5[W/㎡K]相当以下、4~7地域:0.6[W/㎡K]相当以下)
  2. 再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から20%以上の一次エネルギー消費量削減
  3. 再生可能エネルギーを導入(容量不問)
  4. 再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から100%以上の一次エネルギー消費量削減

ただし、基準一次エネルギー消費量、設計一時エネルギー消費量の対象は暖冷房、換気、給湯、照明とする。また、計算方法は、平成25年省エネルギー基準で定められている計算方法に従うものとする。なお、法改正等に伴い計算方法の見直しが行われた場合には、最新の省エネルギー基準に準拠した計算方法に従うこととする。


(経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー対策課「ZEHロードマップ検討委員会 とりまとめ」)

実例・お客様の声集