メニュー
TOP > 建築事例 > お客様の声とおうち > テレビを観るより、体を使って遊べる家に

お客様の声とおうち

テレビを観るより、体を使って遊べる家に

大阪府池田市 M様

今回は奥様に話をお伺いします。この家に決める時、
お子様の成長がキーになったそうですね。

建売住宅でありながら一軒一軒のデザインが異なるのも、奥様は好感を持ったとか。庭は道路側から見えないよう柵で仕切られているため、プライベート空間となっている

建売住宅でありながら一軒一軒のデザインが異なるのも、奥様は好感を持ったとか。庭は道路側から見えないよう柵で仕切られているため、プライベート空間となっている

 以前は3Kの社宅暮らし。家族4人で暮らすには狭いし、息子が友達作りをできるよう、引っ越しをするなら幼稚園入園前に!という思いもあって、家探しを始めました。

 見学したのは10軒ほどです。そのうち、夫婦2人がそろって「いいね」とうなずき合ったのが唯一この家だったんです。
 3階建ての造りのなかで1階にも2階にもトイレやお風呂があるなど、動線の良さが私は気に入りました。主人は「健康住宅」への取り組みに強く惹かれたようです。

ご主人が健康住宅に強く魅力を感じたのはなぜだったのでしょうか。

 実は主人が昔は小児喘息だったので、息子たちにもその体質が遺伝しているかも…という危惧があったんです。
 でも、この家は1階から3階まで床にもクロスにも天然素材が使われています。天然素材はホルムアルデヒドを発生しないので安心できますよね。

 
3階の子供部屋ができたことで、オモチャは引越し前の2倍に増え、R君とK君もより一層パワフルに走り回るようになったとか

3階の子供部屋ができたことで、オモチャは引越し前の2倍に増え、R君とK君もより一層パワフルに走り回るようになったとか

 ちなみに3階のロフトのある部屋は子供部屋にする予定です。以前の社宅では押入れに片付けてあるオモチャを1つずつ出して遊んでいましたが、ここならオモチャをすべて広げて遊べるでしょう?
 “テレビを観るより体を使って遊ぶ”。そんな環境を息子に作ってあげたかったんです。

実際に住まれてみて、動線や安全面、住み心地などはいかがでしょうか?

和室は洋テイストの家のなかでもしっくりと馴染むよう、畳のデザインが工夫されている

和室は洋テイストの家のなかでもしっくりと馴染むよう、畳のデザインが工夫されている

 2階に続く階段がリビングから伸びているのがいいですね。これなら家に帰ってきた時、必ずリビングの家族と顔を合わせられる!
 ささいなことですけど、家族の絆を深める上で大事だと思うんです。

 また、建売なのでキッチンの使い勝手は期待できないだろう…と諦めていたのですが、シンクの高さもちょうどいい。ほかにも和室があったり、セキュリティがしっかりしていたり。細かい自慢はたくさんあるんですよ(笑)。


 でもやっぱり一番嬉しいのは、広くて健康的な家の中で、息子2人が以前以上にパワフルに遊ぶようになったことですね。
 夏になったら芝生のお庭でプール遊びもしてみたいです。

標準設置のセキュリティシステム 「エルコネット」により、防犯や消防など24時間のセキュリティが保たれている

標準設置のセキュリティシステム「エルコネット」により、防犯や消防など24時間のセキュリティが保たれている