高性能な住宅をお手頃価格で

メニュー
注文住宅ならヤマト住建(TOP) > 住宅に関するお役⽴ち情報 > 新着一覧 > ZEH > ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?基本知識をご紹介
2020.12.20 ZEH

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?基本知識をご紹介

ZEHとは省エネを意識した住宅を指す言葉です。
たとえば、太陽光発電や高断熱素材などを用いて自宅の消費電気をゼロにします。
ZEHとは具体的にどのようなものなのか、補助金なども含めて理解しておくと住宅を作りやすいです。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

ZEHとは住宅エネルギーを効率化するもので、政府が標準的な新築住宅の実現を推進している計画です。
実際に住宅に高断熱材や省エネ設備などを導入して、ZEHを実現します。
2030年までに新築住宅の仕様をZEHにすることを計画しているもので、推進するための補助金なども用意されています。
ZEHとは1年間の消費エネルギーをゼロにすることを目的とした住宅モデルです。
ZEHを実現する省エネとは家の消費電力を減らすことを重視した仕様です。
ゼロにするには独自の創エネシステムを導入して自分で電気を作る必要があります。
省エネ性能の高い住宅に省エネ性能の高い設備や照明を住宅に導入することによって、電気エネルギーの削減を行います。
実際にどのような設備を導入できるのか、省エネ効果はどれくらいなのかは提供する住宅メーカーの商品によって異なります。

省エネルギーな住宅

ZEHを実現するためには高断熱素材を住宅に導入する必要があります。
高断熱素材とは熱が伝わらないようにする素材のことです。
壁の外と内側に入れて遮熱性を強化します。
そうすることによって夏場の暑い日差しで自宅の温度が急上昇する現象を軽減して、冷房機器の消費エネルギーを削減するものです。
また、住宅の照明をLEDに変更したり様々な仕様変更をします。
LEDとは発光ダイオードのことで、省エネ照明器具に使われています。
発熱量が非常に少なく、長持ちもするので合理的な設備です。
他にも床や天井に自然素材を使うことによって省エネを実現できます。
木材は自然の断熱材として機能をするものです。
熱を伝えにくいといった特長があって断熱材に匹敵する性能を誇っています。

エネルギーを作る設備

太陽光発電とは太陽光を電気に変換できる設備です。
ZEHを実現するために必要不可欠な商品なので導入してみましょう。
ちなみに太陽光発電で作った電気は蓄電池に溜めることも可能です。
蓄電池とは電気を蓄積できる機器です。
溜めたエネルギーは自宅で使えるので、エネルギー代の高い時間帯に使用するといったこともできるのです。
また余ったエネルギーは売ることもできるので使い勝手が優れています。
HEMSも省エネ設備において重要な役割を持つ機器です。
HEMSとはエネルギーを作る、蓄えるといった操作をすることが可能な管理システムです。
リアルタイムで機器を監視して、状況を把握できます。
自宅にHEMSを設置してパネル画面上で内容を確認できるので、機器操作が苦手な方でも気軽にZEHを導入できます。

ZEHが浸透していく

日本ではエネルギーの消費量は石油危機のときから2倍以上に増加しています。
災害などでエネルギーの供給が不安定になってしまうこともあるため、政府ではZEHの普及に力を入れています。
実際にこのロードマップも作られていて、それに基づいて普及を行っているのが現状です。
またZEHにブランド化を図り専用のビルダーマークなども提供しています。
ビルダーマークとは、ZEHを一般の方に提供するパートナーを示すものです。
現状では補助金も支給されるので、多くの方が導入を検討することができます。
補助金とはある目的を達成するために支給される金額です。
ZEHを進めるために作られているもので、ある条件を満たすと支給されます。
新築住宅を購入する方や自己所有の住宅を改修する方が対象です。

ZEH住宅のメリット

ZEH住宅のメリットとしては以下のようなことが挙げられます。

光熱費を抑えられる

住宅性能を上げて太陽光発電システムを設置し自家発電を行うことで、家庭の光熱費を抑えられます。
家計の負担を軽減させることができるのは大きなメリットだと言えます。

補助金を受け取れる

国によって定められたZEH住宅の条件や基準を満たすことで、国から補助金を受け取ることができます。
2020年の補助金額は、1戸につき60万円です。
また発電エネルギーを蓄えるための「蓄電池」を設置することで、1kWhごとに2万円の補助金、または補助対象経費の1/3か20万円のいずれか低額が加算される仕組みとなっています。

住宅の資産価値が上がる

2016年4月、国は住宅の省エネ性能を評価する「BELS(ベルス:建築物省エネルギー性能表示制度)」という制度を設けました。
このBELSという制度は、住宅で省エネに関してどのくらい取り組みが行われているかを評価するものになります。
評価に関しては5段階の星マークで表示されるのですが、星の数が多ければ多いほど評価も高くなるため住宅の資産価値も上がります。
そのため省エネを徹底しているZEH住宅は、BELSにおいて高評価を得られるでしょう。
引っ越し・相続などによって将来的に住宅を売却することになったとしても、資産価値の高いZEH住宅であれば高額で売却できる可能性もあります。

ヒートショックを防げる

気温が急激に変化することで、大きな気温差が生じてしまいます。
それによって血圧が変動し身体にも悪影響を与えてしまうことを、「ヒートショック」と呼びます。
室内で起きてしまう場合が多い症状で、暖房の効いた部屋から出た後・真冬に入浴する前後などでヒートショックは起こりがちです。
ZEH住宅での断熱性能を上げることで、ヒートショックは防ぐことができます。
外気の影響を受けることがあまりないため、真冬であっても住宅全体を暖かい温度に保つことができるのです。

停電時にも対処できる

太陽光発電によって日中の電気が使用できるようになります。
また、蓄電池を設置することで、停電時でも蓄電池に切り替えて電気を使用できるので慌てずに済みます。
「蓄電池」は太陽光によって発電したエネルギーを蓄えておける設備です。
停電時以外でも、日中はもちろん、日没後も太陽光によって発電した電気を使用することが可能なため、その分電気代を節約することができるのです。
ZEH住宅での蓄電池は必ず導入すべきという訳ではありません。
しかし停電時でも電気を使用し続けることができたり、電気代が安く済んだりとそのメリットは大きいと言えます。
また蓄電池を導入すれば国から補助金を受け取れるという嬉しいポイントもあります。

ZEH住宅のデメリット

メリットの多いZEH住宅ですが、もちろんデメリットもあります。
ZEH住宅のデメリットとしては以下のような内容が挙げられます。

導入コストがかかる

導入コストがかかってしまうことはZEH住宅におけるデメリットだと言えます。
ZEH住宅にするためには、住宅性能を向上させ、太陽光発電や省エネ設備を導入しなければいけません。
初期費用が一定額かかってしまうということを覚えておきましょう。

太陽光発電の搭載量

太陽光を利用して発電する太陽光発電は、搭載できるパネル枚数によりその発電量も変わってきます。
敷地面積の小さい都市部などはどうしても、発電量が低くなってしまう場合が多いでしょう。
また、発電した後に太陽光発電が余った場合、電力会社が電気を買い取ってくれるのですが、その売電価格は年々下がっている傾向にあります。

太陽光発電の際に利用する「太陽光パネル」は、一般的には住宅の屋根の部分に設置します。
その際は安全面に注意しつつ、日射量を十分に確保する必要があるため、自由に屋根の向き・形状を選ぶことができないという場合もあるでしょう。

おわりに

ZEHとはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスのことです。
住宅の省エネ性能を上げ、省エネ設備を導入し、主に太陽光発電を利用して電気を作って住宅で使用する一次消費エネルギーをゼロにします。
さらに政府ではZEHの推進を目的として補助金の提供も行っているので、知っておくとお得です。

タグ:

  • カテゴリーなし