高性能な住宅をお手頃価格で

メニュー
TOP > 建築事例 > お客様の声とおうち > 自宅に居ながらにしてアウトドア。憧れの生活が実現しました

お客様の声とおうち

自宅に居ながらにしてアウトドア。憧れの生活が実現しました

兵庫県三木市 O様 ≪動画≫

インタビュー動画はこちら

家を建てようと思われたきっかけは?

以前は賃貸でしたのでお部屋も狭く、子供も生まれたため広いところに引っ越したいなと思っていました。  

当初はマンションか一軒家にするか悩んでいました。  

最終的にはやはり実家の近くが良いかなということで、実家から歩いて5分のこの場所で一軒家を建てることに決めました。

 

ヤマト住建に決めていただいたポイントは?

 モデルハウスで屋上庭園を見学したときに、絶対に屋上庭園にしたいなと思いました。
 
 それまでは屋上庭園のある木造住宅の存在もあまり知りませんでしたが、友人を招いてBBQやパーティーなどをするのも好きだったので、屋上庭園は決め手となりました。


 3年ほど前に引っ越しの機会があり、いくつかの大手ハウスメーカーさんのモデルハウスを見に行った事もあったのですが、「いいな」とは思いましたが、あまり決め手が無かったというのもあって購入するのはまだいいかなと思っていました。


その後、また引っ越す機会ができたため、今度はヤマト住建さんのモデルハウスを見学させて頂いたのですが、やっぱり木のぬくもりを感じられる木造建築がいいなと思ったのと、担当の営業さんに土地探し~モデルハウス内覧まで親切にして頂いた点も大きかったです。

建物 (間取り・仕様等) でこだわられた所はありますか?

[屋上庭園]

 外出することも好きなのですが自宅に居ながらにして、ちょっとアウトドアができるというのが憧れでした。
 お家にいてもみんなで楽しめます。

▲子どもだけでなく大人も一緒に楽しめる、プロジェクターのある屋上庭園。

▲子どもだけでなく大人も一緒に楽しめる、プロジェクターのある屋上庭園。


 ふつうのお庭と違って周囲の視線が気になりませんので、屋上なら自由にゆっくり過ごせます。
 子どもたちがプール遊びをしている時も、大人でも周りを気にすることなく入れるねと言いながら過ごしています。
 プロジェクターも付いているのでみんなでスポーツ観戦なども楽しめますし、友人の反応もすごく良いです。


▲時間を気にせず過ごせるお洒落なバーカウンター。 夜には綺麗な星を眺めながら過ごせる特別な空間に変身。

▲時間を気にせず過ごせるお洒落なバーカウンター。
夜には綺麗な星を眺めながら過ごせる特別な空間に変身。

 仕事柄、帰宅時間が遅くなる事も多いのですが屋上庭園だと結構大音量でもご近所に音も漏れにくいですし、BBQの煙も上に上がっていくので気になりにくいです。
 そんな理由もあって、綺麗な星を眺めながら夜遅くまでここでゆっくり過ごしています。

 お家が建つまで、屋上からの眺めもすごく楽しみにしていました。
 少し高台になっているので山々が綺麗に見えます。田舎なので暗いですが、夜の景色も良いので、バーカウンターに座って眺めるのも気持ちいいです。



 屋上では子どもも走りまわったりできますし、子どももまだ小さいので近くに住む実家両親もよく来てくれているのですが、気づけば父が芝の上で寝ていたりします(笑)

 

[リビング階段]

 階段の配置を考える中で、子供たちが大きくなって自分達の部屋ができたとしても、リビングを通って一度顔を見せてから2階に上がってほしいと思ったのでリビングを通って2階へ上がるシースルーのリビング階段にしました。

 本当は吹き抜けを作りたかったのですが、リビングに階段を配置することで、空間も広く見えるようになりました。

▲シースルーのリビング階段は、窓から差し込む光や風を遮らないので、広く明るく開放的な空間に。

▲シースルーのリビング階段は、窓から差し込む光や風を遮らないので、広く明るく開放的な空間に。


[キッチン]

 壁付けではなく、手前に壁を立ち上げることで、アイランドキッチンのようにキッチンをぐるっと周れるようにして頂きました。
 コストのことも考えながら、同時に便利さも追求して作っていただくことができました。
他にもいろいろとこだわりが多くて大変だったと思いますが、設計担当者さんにも良くしていただきました。

▲壁の配置を工夫することで叶った、奥様ご希望のキッチン。壁面裏側にはブックシェルフと、家族のコミュニケーションにも使える黒板を設けています。


[インテリア]

 壁紙やカーテンなど、インテリア関係の仕事をしている友人と一緒に決めていきました。
 夫婦二人とも、いいと思う感覚は結構近いので一緒に決めていくことができたと思います。

▲主寝室はペイズリー柄とダークカラーのクロス。明るさの中にも落ち着きを感じられる空間に。

▲主寝室はペイズリー柄とダークカラーのクロス。明るさの中にも落ち着きを感じられる空間に。

 


 

▲奥様こだわりの暖かみのあるお洒落な照明。

▲奥様こだわりの暖かみのあるお洒落な照明。


[お庭づくり]

 そんなにこだわりもないと思っていたのですが、やり始めると「ああしたい」「こうしたい」という気持ちが少しずつ出てきて、花壇をつくってお花を植えたり、ブランコやレンガを積んだりと、楽しみながらお庭づくりをしています。

 これからもう少しガーデニングスペースや、畑をつくって家庭菜園もしたいですし、自分たちで造りながら楽しんでいけたらいいなと思っています。

 おじいちゃんも「ここでお庭したりできるな」と楽しみにしています。

 

家づくりで困ったことはありますか?

 理想のものをつくるには、間取りの配置や予算の関係もありますし、どこをどう取捨選択していくかというところが難しかったと思います。
 夫婦で意見が分かれることはありませんでしたが、なにを諦めてなにを優先させるのかを決める時には苦労しました。

 あとは、当時は二人とも仕事をしていましたので、お互いのお休みが合わなかったり、帰宅時間がいつも遅いという事もあって、ゆっくり話をする時間をつくることができない状態で話を進めていかなければならなかった点です。
 打ち合わせの数も何回か増やしていただき、半年ぐらい掛けたと思います。

住み心地はいかがですか?

 普段生活していても気付きにくいような細かいところまで綺麗に丁寧に造られているなと感じます。お鍋などをしていても結露が全然ないなど、やはり住んでみるとそのような細やかな違いを実感することができると思いました。 


 床を無垢材にしたことも良かったです。古いということもあると思いますが、実家の床は少し冷たいように感じるのですが、無垢材だと暖かいですし肌触りも良いです。
 小さい子供がいるため、やはり小さな傷もついてしまいますが、その傷も味が出て良いなと思います。