高性能な住宅をお手頃価格で

メニュー
注文住宅ならヤマト住建(TOP) > 商品ラインアップ > こだわり

エネージュ SE

北海道最北端の厳しい環境下でも
優れた断熱性能を発揮する家。

断熱性能と健康

人に優しい「断熱化」。
断熱と健康の関係、ご存知ですか?

「寒い」だけでは済みません。
家の中の気温差が引き金となる「ヒートショック」

暖房の効いた暖かい部屋から、浴室やトイレなどの寒い部屋に移動したとき、急激な温度差により血圧が変動し、脳出血や脳こうそく、心筋梗塞等を引き起こすきっかけとなります。

ヒートショックに関連する死亡者数は、交通事故で亡くなる方の3倍に及ぶとも言われています。住宅を断熱することは、室内の温熱環境の改善による快適性の向上だけでなく、

20℃近い急激な温度変化で生じるヒートショックの防止にも役立ちます。

断熱性能が高いほど、健康改善率もUP!

省エネという観点で考えると、国が定める次世代省エネ基準(平成11年基準)「Q値2.7W/m²・k」程度の断熱性があれば十分だと考えられていましたが、さらに断熱性能を上げると、健康改善に効果があることがわかっています。

断熱化することで、現在の健康状態の改善にも繋がります。

健康のために禁煙をしたり、食生活などの生活習慣に気をつかっている方も多いのではないでしょうか?
でも、実は生活習慣の見直しよりも住宅の断熱性能の改善のほうが重要なんです。
日本ではあまり知られていませんが、欧米では住宅の断熱性能と健康の関係は誰もが知っている常識。
風邪や冷え性だけでなく、アトピー性皮膚炎など、アレルギーの改善にも効果があることがわかっています。

健康改善への貢献度 健康改善率n増加程度
外皮平均熱貫流率UA値

エネージュSEは北海道の最先端(1地域)の
基準値を超える高断熱住宅です。

UA値の値が小さいほど、熱の逃げにくい家となります。

各部材の熱の通りやすさを計算、
断熱性能を表すUA

省エネルギー基準の改正により、従来使われていたQ値に代わる新たな断熱性能の指標として、UA値が導入されました。UA値は、住宅の内と外の温度差が1℃ある場合、建物内部から逃げる1時間あたりの熱量を外皮等の面積の合計で割った値で、躯体を構成する部位の「熱の伝わりやすさ」を表します。数値が小さいほど、断熱性能が良いといえます。

外皮平均熱貫流率の図

北海道などの寒冷地基準も楽々クリア!
UA値=0.38の優れた断熱性

「エネージュSE」は改正後の基準値も楽々クリアしています。
外皮平均熱貫流率(UA値)=0.38という「エネージュSE」の性能は、北海道などの寒冷地基準値以上の性能値です。
※上記UA値は弊社規定プランによる計算値となります。
※UA値は建物の大きさ・間取り等により一邸ごとに全て異なります。

省エネルギー基準
熱損失係数 Q値

省エネルギーで快適な暖冷房環境を
確立できるエネージュSEは、
「ゼロ・エネルギー・ハウス」の高性能住宅です

Q値の値が小さいほど、断熱性能が高いことを表します。

熱の逃げにくさを表す、熱損失係数Q値

熱損失係数=Q値とは、住宅の内と外の温度差が1℃ある場合、建物内部から外部に逃げる熱量が1時間につき床面積1m²当たりいくらになるかを表した係数のことです。小さいほど断熱性能が良いといえます。

熱損失係数(Q値)

夏も冬も快適!Q値=1.6の優れた断熱性能。

「エネージュSE」は、Q値=1.6の北海道基準(Ⅰ地域)に迫る高性能住宅です。Ⅳ地域の蒸暑地域でこの水準にこだわるのは、限りなく「ゼロ・エネルギー・ハウス」に近づけるためです。
※上記Q値は弊社規定プランによる計算値となります。
※Q値は建物の大きさ・間取り等により一邸ごとに全て異なります。

気密性能 C値

気密性能C値=0.5㎠/㎡以下の、
高い気密性能にこだわったエネージュSE

C値の値が小さいほど、家の隙間が少ない気密性の高い家となります。

断熱性の高さだけでなく、
家の隙間の少なさ(気密性)が重要です。

「エネ-ジュSE」が、省エネルギー基準改正後もC値0.5cm²/m²以下にこだわるのは、気密性能が最も重要な性能だからです。
どんなに断熱性が高い建物でも、建物の隙間が多ければ暖冷房でせっかく快適になった室内でも、温度・熱はすぐに失われてしまい、その性能を発揮できません 。「エネ-ジュSE」では、すべてのお客様のお住まいにC値0.5cm²/m²以下の施工を標準としています。気密性の高い家、C値0.5cm²/m²以下にまで住宅性能を上げるには、施工段階で多くの手間と高い技術が必要となります。
「エネ-ジュSE」の高い気密性能は、ヤマト住建の豊富な経験とたくさんの技術により実現しています。

C値=0.5以下の気密性能は、
北海道でも快適に暮らせる気密性です。

快適で、高性能な住まいを実現する為にも重要な気密性能。 家の隙間を数字で表すとも言えるC値を「エネ-ジュSE」では、北海道などの寒冷地水準2.0cm²/m²を上回る、0.5以下を実現。
家の隙間を大幅に解消した、高性能住宅であることを実証しています。

ネットゼロエネルギーハウス

光熱費ゼロ住宅からさらに進んだ、省エネ住宅「エネージュSE」

エネージュSEの高い省エネ性能は実証されています。

外張り断熱の家「エネージュSE」は、省エネルギー・住環境の動的予測評価研究の第一人者、工学博士 尾崎明仁教授(京都府立大学)による、実測および数値シミュレーションにより、『Net Zero Energy House (ZEH)』であることが証明されています。
住宅内のCO2排出量を大幅に削減することができる、まさに次世代に通用する「新たな省エネ住宅」です。

「エネージュSE」は家庭消費エネルギー実質ゼロ以下を実現するネット・ゼロ・エネルギー・ハウスとして認められました。

年間消費量を比較

消費電力約60%削減を実証!
光熱費の差は、年間284,653円にもなります。