高性能な住宅をお手頃価格で

メニュー
注文住宅ならヤマト住建(TOP) > 商品ラインアップ > 脱炭素社会へ!LCCM住宅とは

エネージュLCCM

住宅のライフサイクルトータルで CO2の収支をマイナスにする住宅で脱炭素社会へ 住宅のライフサイクルトータルで CO2の収支をマイナスにする住宅で脱炭素社会へ

住宅のライフサイクルトータルで
CO2の収支をマイナスにする
住宅で脱炭素社会へ

CO2削減への最終目標となる住宅

政府が推進する低酸素に向けた住宅イメージ 政府が推進する低酸素に向けた住宅イメージ

地球温暖化対策として、日本は2030年にはCO2排出量を26%削減(2013年比)することを目標としており、なかでも家庭部門CO2については約40%の削減目標を掲げています。(平成28年5月13日閣議決定)

地球規模の温暖化対策が課題とされる現在、CO2排出の削減は、日本の最も重要な政策課題のひとつです。なかでも、住宅分野においては建築で使用されるエネルギー消費量の増加が続いており、低炭素化の取り組みを一層強化することが求められています。
「省エネ基準」「認定低炭素住宅」「ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)」など、さまざまな省エネ・省CO2対策が行われていますが、これらをさらに進めてより強化した政策として、住宅のライフサイクル全般にわたるCO2の排出量をトータルでマイナスにする「LCCM住宅(ライフサイクルカーボンマイナス住宅)」が推進されています。
長寿命、かつ、一層のCO2削減を目標とした住宅として最終的に行き着く目標が「LCCM住宅」ということになります。

住宅が貢献するCO2排出削減、ZEHのその先へ—

建設・廃棄段階も含めて、住宅ライフサイクルトータルでCO2収支をマイナスにする

住宅のライフサイクルとは、(1)住宅の建設段階(2)住宅に住んでいる段階(3)住宅の廃棄段階、これら全ての段階を含んだ、住宅の生涯をさす言葉です。私たちは普段、お風呂のお湯を沸かす、暖冷房機器を使う、料理をする、電気を使う…など、さまざまなシーンで電気やガスを利用しています。つまり、地球の資源である石油や石炭を燃やして発電し、二酸化炭素を発生させています。
この住宅運用時(住んでいる時)の年間一次エネルギー消費をゼロ以下にする住宅が「ZEH(ゼロエネルギーハウス)です。ZEHは、住宅自体の断熱性能や気密性能を向上させ、高効率な住宅設備を設置し、家庭で使う電気やガスなどの一次エネルギーを太陽光発電システムなどの再生可能エネルギーを利用することで、年間一次エネルギー消費がゼロ以下になるよう計画された住宅です。「LCCM住宅」は、「ZEH」の考え方に加え、家を建てる際に発生するCO2や、将来の改修・解体を含めた “住まいのすべての過程でCO2排出量” を抑える住宅です。

住宅の一生を通じてCO2排出量をマイナスに

運用年数によるCO2排出量の違い 運用年数によるCO2排出量の違い

LCCM住宅は、建設時・運用(居住)時・廃棄時において、できるだけCO2削減に取り組み、さらに、太陽光発電などを利用した再生可能エネルギーの創出により、建設時のCO2排出量も含めて、住宅の生涯にわたり、長い住宅寿命の中でCO2収支をマイナスにする住宅です。

実例・お客様の声集